公園・施設

静岡県営の吉田公園の場所や駐車場・開園時間や料金・施設内を紹介

目安時間 10分

    吉田公園のチューリップ祭りに行ってきました。

     

     

    毎年3月下旬から始まるチューリップ祭り、もう終わったかと思っていたらまだ1週間あるということで出かけていきました。

     

    10万本のチューリップ、去年はイベントもなくひっそりとしていましたが、今年はきれいに咲いているということでした。

     

    密を避けて車で出発。花粉+紫外線対策をばっちり、車の中はすごい荷物です。

     

    とてもいいお天気です。駐車場は混んでいましたが、案外すんなりと駐車できました。

     

    吉田公園は、とても広い公園です。すぐ目の前は海岸。津波避難地として命山という丘ができました。ここから見える海と公園がとてもきれいです。

     

    公園内には池や滝、ビオトープなどもあり、ベンチや芝生もあるため、ピクニックやイベントなどが行われています。

     

    以前は、音楽フェスも行われていたのですが、今はちょっと我慢です。

     

     

    静岡県営の吉田公園の場所や駐車場・開園時間や料金は?

     

     

    静岡県営の吉田公園の場所は、静岡県榛原郡吉田町川尻4036-2にあります。

     

    電話番号:0548-33-1420

     

    吉田公園の開園時間は終日で、入園料は無料となっています。

     

    駐車場は、第1駐車場・第2駐車場・第3駐車場があります。

     

     

    主な施設は、

    ・やすらぎの庭

    ・香りの庭

    ・花の道

    ・大滝

    ・小滝

    ・ビオトープ池

    ・休憩施設

    ・ちびっこ広場

    ・多目的芝生広場

    ・ヒーリングコア(管理棟)

     

    ほか、研修室もあります。

     

    こちらは利用料がかかります。

     

    ・9時から12時まで~930円
    ・13時から17時まで~1,200円
    ・9時から17時まで~2,150円

     

     

     

    吉田公園のアクセス方法は?

     

    JR静岡駅からの場合

    静鉄ジャストライン・特急静岡相良線で約40分で吉田特別支援学校前下車します。

     

    JR藤枝駅からの場合

    藤枝相良線で約25分で吉田特別支援学校前下車します。

     

    吉田特別支援学校前からはタクシーのご利用で、

     

    車で県道34号経由で4.1km、9分ほど。

     

    また、藤相田沼街道/国道150号経由で4.7km、10分ほどかかります。

     

     

     

    吉田公園内を紹介

     

     

     

    車を降りると、トキワマンサクがお迎えしてくれました。

     

    この公園はいくつかのテーマに分かれていて、入口にはモッコウバラのアーチがあります。

     

    順路は決まっていますが無いようなもの。好きなところから入って好きなところに出かけていきます。

     

    園内は、多目的ホールや体験工房や休憩所、ハーブや香りの高い植物を集めた香りの庭、野の花を集めたビオトープの池、滝が二つ、大きな芝生公園、命山などのエリアに分かれていて、全て歩道で繋がっています。

     

    地図を見ないとどこになにがあるかわからないくらいに広いので、ともかく歩いてやすらぎの庭に向かいます。

     

     

     

     

    アリッサム、パンジー、キンギョソウ、ロベリアなどの春の花を植えたポットがいくつも並んでいます。
    アリッサムの香りがいっぱいのエリアです。

     

    写真はひとつだけですが、白+パープル、白+オレンジ、白+ブルーなどの色でまとめたポットがたくさん並び、周りを背の高いキンギョソウやサルビアがやはり黄色や赤の同系色でまとめて植えられています。

     

    ラティスで囲まれたこの庭を通ると、多目的ホールや売店がある管理棟、ハーブや香りをまとめた香りの庭に続きます。

     

    香りの庭はローズマリーやラベンダーなどのハーブだけでなく、沈丁花やモクレン、クチナシ、きんもくせいなど、季節ごとに香りのいい花をつける樹木も植えてあります。

     

     

     

     

     

    芝生公園にやってきました。奥の方に命山が見えます。これは数年前に津波対策として作られたものです。数年前に来た時にはまだ建設中でした。

     

    何人くらい登れるでしょうか。かなりの広さです。

     

    この公園はとても広いので、芝生や命山の上で転がったりしている人たちもたくさんいます。

     

    吉田公園は、ゆるキャン△の聖地巡礼のコースの途中にあるため、ファンの方もたくさん訪れます。

     

    おととしまでは見かけなかったテントを張って楽しんでいる人たちもあちこちで見かけました。

     

    泊まることはできないし火気厳禁ですから、朝から来てくつろいでいるのでしょうか。テントから出てきて散歩している人も見かけました。

     

     

     

     

     

    さあ、お目当てのチューリップです。芝生公園の両側にエリアがあって、色とりどりのチューリップがぎゅぎゅぎゅっとつまって咲いています。

     

    こんなにいろんな色や種類があるんだなと感心してしまいます。

     

    いろんなグループがエリアを決めて植えているらしく、植えたグループの名前のついた板が指してありました。

     

    紫のチューリップは八重、黄色のチューリップはレース、オレンジのチューリップはなんの品種でしょうか。これだけたくさんの種類が植えてあるのは壮観です。

     

    チューリップは花の形が大きくて丸いので、たくさん固まっていると、点描やモザイクのように見えます。

     

    これでも咲き終わった花も多かったのですが、まだまだきれいでした。

     

     

     

     

     

    こちらは同じ色を集めたエリアです。

     

    グループ名なのか花の名前なのか、〇〇ピンクという名前が貼ってありました。

     

    同じ色のチューリップを集めたエリアもたくさんあって、それはとても目立っていました。

     

    小さな子供が、ぴんく、ぴんくと言いながら小さな指で数を数えていました。でも、両手の指よりたくさんあるので、ん?ん?と悩みこんでしまいました。

     

    園内にはキッチンカーなどが来ていました。さすがに海岸です。日差しは暑くアイスクリームを買ったのですが、マスクをしていると食べられない。

     

    仕方がないので、すごい勢いで食べて手を洗って車に戻りました。

     

    早く、公園でゆっくりおやつを食べることができますように。

     

     

    あまり遠出ができない中、花がたくさんの広い公園はとても気持ちがいいものでした。写真にはありませんが、命山の上から海を眺めたり、滝の上から野鳥をみおろしたり、ビオトープの亀たちを眺めたりして、とても癒されました。

     

    この公園は季節ごとに花が変わります。ひまわりやコスモスなどもとてもきれいです。樹木もたくさんあり、色も香りも癒されるものがあります。

     

    車でしか行けない場所で、駐車場は広くありません。それゆえ今は来てくださいとは言えませんが、いつかきっとまたおすすめできることを願っています。

     

    早くコロナが収まって、また野外フェスができるような、そして堂々と来てくださいねと言えるように戻るように、自分にできる努力は続けようと思います。

     

     

      コメントフォーム

      名前  (必須)

      メールアドレス (公開されません) (必須)

      URL (空白でもOKです)

      コメント

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: