公園・施設

豊田市松平町赤原のあじさいを見に行きました!徳川家康が使ったとされる産湯の井戸も

目安時間 8分

    あじさいを見に、近くのお寺と神社に行ってきました。

     

    ここは徳川家康が使ったとされる産湯の井戸があるところです。

     

    ここではあじさいの他に、かきつばた、ショウブなどが咲いています。

     

    今日は主にあじさいを見に来ました。

     

    今からそこに行ったことを書きたいと思います。私と一緒に行ったつもりでご同行お願いします。

     

    この日は雨が降っていたので、出来れば、傘を持っていくとよいです。

     

     

    傘を差しながらでも見られます。相合い傘だったらなお良いです。

     

     

    あじさいや徳川家康が使ったとされる産湯の井戸がある神社の場所

     

     

     

    住所:愛知県豊田市松平町赤原9−1

     

    また近くには、松平東照宮、見初めの井戸などもあります。

     

     

     

    あじさいや神社を見ながら散策しました!

     

     

     

     

    最初の写真はあじさいの写真で、入り口からすぐのところに駐車場があり、そこで車をおいて上り坂をひたすら歩きます。

     

    そんなに急ではなく、私でも登れる坂です。

     

    どうしても上るのが大変な人はもっと上の方に駐車場があるので、そこまで車で行くことも出来ます。

     

    でも、歩いている途中でもうあじさいが咲いているのはうれしいです。

     

    あじさいが歓迎してくれる気がします。

     

    ここがメインではないのにもう満足してしまいます。

     

    この段階だと、楽勝にまだ歩いていて、心にも余裕があります。

     

    周りをキョロキョロする余裕もあります。でも、誰もいません。

     

     

     

    次のところはあじさいではありません。

     

    まだ、坂の途中です。

     

    何の花かわかりませんが、黄色くてきれいです。

     

    途中でこの近くの住人なのか、ここを管理している人なのかわかりませんが、「こんにちは」と挨拶してくれました。

     

    観光客だとわかったのだろうか、挨拶しれくれたので、こちらも「こんにちは」と返しました。

     

    こういう人がいると来やすくてよいです。

     

    まだ、坂は続きます。

     

     

    私も坂をどんどん登っていきます。

     

    もうすぐ雨が降りそうです。でも、坂をどんどん登っていくと、途中で右側に登山口がありました。

     

     

    登山口ですが、散歩コースぐらいのところのようです。

     

     

     

     

     

    坂を上がって、次の駐車場も通り過ぎました。

     

    駐車場のところにトイレもあり、野菜を売っていそうなところもあります。

     

     

    でも、残念ながら、この日は雨がもうすぐ降るせいか、野菜は売っていませんでした。

     

    そこを越え、休憩所を越えると神社が見えてきました。

     

    神社の前には小さな川があり鯉が泳いでいます。

     

    さすが家康の祖先と思ってしまいます。

     

     

    橋を渡ると神社に入り、資料館もあります。

     

    そこを右に行くと、神社の裏手の方に井戸が見えてきました。

     

     

    家康が使ったとされていますが家康は岡崎城で生まれたそうなので、本当に使ったのかどうか不思議です。

     

     

     

    神社を後にすると、また坂があり今度は民家が見えてきました。

     

    そこは右側にあじさいなどの花が咲き、左側は民家になっていました。

     

    民家のあるところを歩いて行くので散歩のようです。

     

    その坂をずっと上がると、階段もあり、その階段を上がると左側にショウブが見えてきます。

     

    行った時期は6月ですが、まだ、ちらほらと咲いています。

     

     

    これからなのかもう終わりなのかわかりませんが、ここのショウブは白いです。

     

    ショウブは水がいるので水路もあります。

     

     

    よく手入れされています。

     

    まだ、雨が降らないのですが、観光客はまばらです。

     

    よいときに来たと思います。

     

     

     

     

    階段を上がると、左側にお寺が見えてきます。

     

    ここのお寺は家康の先祖の墓があるそうで階段を上ることが多いです。

     

    この辺では有名で毎年裸祭をやるそうです。

     

    残念ながら家康の墓はここには祭られていません。

     

    お寺の右側を行くと、やっとメインのあじさいが咲いていました。

     

    土手に一面咲いていて、あじさいは日陰の方がよいのですが、今日は天気が悪いので日陰のように見えます。

     

     

    たくさん咲いていて、観光客が多いときはたくさん見に来ます。

     

    でも、今日はほぼ貸しきりです。

     

    ここまで来るとたくさん歩いた気がします。

     

     

    最後に、

     

    今回は近くのあじさいについて書きましたが、これ以外にも回るところがあり書き切れないくらい回れます。

     

    この時期だとかきつばたもまだちらほらと咲いています。

     

    その他にもシモツケなども咲いています。

     

    私は地元なので何回も行けますが、実は観光バスが来るくらいのところです。

     

    近くにお越しの際は、ぜひ足を運んでみてください。

      コメントフォーム

      名前  (必須)

      メールアドレス (公開されません) (必須)

      URL (空白でもOKです)

      コメント

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: