公園・施設

川口市立グリーンセンターに行ってきました!営業時間や入園料・駐車場や滝と大噴水の運転時間も紹介

目安時間 9分

    春になり天気が良い日が増えたので、レンタサイクルを借りて近所の公園へ出かけることにしました。

     

     

    あまり行ったことのないマイナーだったり、駅から遠い公園をGoogleマップで調べていると、一面緑の施設が目につきました。

     

    川口市立グリーンセンターという施設で、地図で見ただけですがかなり広そうかつ遊具などの設備もとても充実していそうです。

     

    これなら自転車でも15分ほどでつけそうなので、早速駅前の駐輪場へ徒歩で向かい、自転車をレンタルし出発しました。

     

     

     

     

    到着すると、調べていなかったのですがちょうど公園の入り口に駅で借りたレンタサイクルと同じ系列の貸出所がありました。

     

    一度返却すれば公園での滞在時間中、料金がかからないのでこれはとてもラッキーだと思いました。

     

     

    場所柄車できている方が多く、駐車場を横目で確認するとほぼ満員で警備員さんも忙しそうにしていました。

     

    公園へ入るには大人310円かかるようです。新宿御苑が値上がりした今、妥当な値段かなとおもいました。

     

    入場時、チケットをきられなかったので多分当日中は最入場できるのかとおもわれます。

     

    改めて川口市立グリーンセンターについて紹介しますね。

     

     

    営業時間や入園料・駐車場や滝と大噴水の運転時間について

     

     

    川口市立グリーンセンターの営業時間は午前9時から午後5時で、入園は午後4時までとなっています。

     

     

    入園料は、一般は310円・団体(30人以上)230円

    高校生は学生証提示で 100円

    子供 4才から中学生100円 団体(30人以上)70円

     

    無料
    3歳以下の幼児
    証書類提示が必要で川口市内在住68歳以上の方
    手帳提示が必要で障害をお持ちの方

     

     

     

    駐車場は無料

    第1駐車場の改修工事中のため閉鎖
    第2駐車場 243台
    第3駐車場 302台

     

     

     

     

    内部はタイルが今年の干支だったりとこだわりがあります。

     

     

     

     

    公園内を入ってすぐ、おそらくメインの場所だと思える滝と噴水がある広場へ行きました。

     

     

    滝と大噴水の運転時間は、

     

    1.10:00~10:30
    2.12:00~12:30
    3.14:00~14:30

    ※7月・8月・12月・1月・2月は、1と3の運転となっています。
    また、天候等により中止になる場合もあります。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     

    花もいたるところに植えてあり、桜の木もありまだ少し残っています。

     

    芝生とタイルが半々なため、子供達は芝生で走り回ったりしています。

     

     

    滝と噴水は水が流れる時間が決まっているらしく、流れている間は水辺の周りにたくさんのお客さんが集まっていました。

     

    広場内にはベンチもたくさんあるので、ゆっくり座ってお昼ご飯を食べたりもできるようです。

     

     

    建物が何個かあり、一つはトイレ、もう一つはどうやらレストランのようでしたが今のご時世でお店はやっていませんでした。

     

     

     

     

     

    広場を抜けていくと大きな建物があり、そこはどうやら温室のようで、熱帯植物や食虫植物など温かい地域の植物が観察できます。

     

    大きな植物園に比べるとこじんまりとしていますが、入場料のみでこちらも見学できると考えるとお得な感じがしました。

     

    さらに奥へ行くとサボテンなどトゲトゲの植物に特化した展示、期間限定のようですが胡蝶蘭の展示など様々な企画がされているようでした。

     

     

    その建物を抜けて行った先に、子供達で大行列の施設がありました。

     

    最初は何かわからなかったのですが、どうやらミニ鉄道というアトラクションで、電車に乗ることができるようです。

     

     

     

     

    子供達の大行列を後にし先へ進むと、トンネルに差し掛かりました。

     

    どうやら上に道路があるらしくその下を渡り向こうのエリアへいけるようです。

     

     

    奥は遊具広場になっているようで、子供達がさらにたくさん集まっています。

     

    目玉はどうやらローラーのついている大きな滑り台のようで、パッと見た感じデザインの違うものが3種類ほどありました。

     

    各滑り台にスタッフの方がついているので、子供達だけでも安全に遊べるようでとても良いなと思いました。

     

     

    先ほどのミニ鉄道の駅も2、3箇所あり、乗り場とは別のこちらのエリアで終点になり降ろさせるようでした。

     

     

     

     

     

    トンネルの向こうのエリアはこれでおしまいだったので、地図を見て入り口の逆サイドのエリアへ向かいました。

     

    残念ながらそちらの半分ほどは今工事中で立ち入ることはできませんでした。工事の様子を見ていると、完成までもう少し時間がかかりそうです。

     

     

    入り口から逆のエリアは遊具などなく落ち着いた印象でした。

     

    小さな川が流れており、茶室と名のついた野外の休憩所のようなものもあります。

     

    大きく広い芝生がメインのようで、皆さん自分でテントを持ってきてゆっくり過ごしていました。

     

    ボール遊びなどはどうやら禁止らしく、鬼ごっごなどで遊んでいる方が多かったです。

     

     

    "お客さんの様子を見ていると、圧倒的に小さな子供連れの家族が多かったです。

     

    まさに今のコロナ渦、このような自然や遊具の多い広々とした公園にとても注目が集まっているのではないかと思われます。

     

    皆さんテントや台車を持ってきていたので、朝から閉園まで一日中過ごしているのだと思います。

     

     

    施設内もとても広いですし、レストランは休みのようですが自動販売機やトイレ、休憩所など便利なものは一通り揃っているのでお弁当などを持参してピクニックなどにちょうど良い施設だと思いました。

     

     

     

      コメントフォーム

      名前  (必須)

      メールアドレス (公開されません) (必須)

      URL (空白でもOKです)

      コメント

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: