・本サイトはプロモーションが含まれています。
食材

ハンバーグに氷を入れて焼くのはなぜ?氷はいつ入れると良い?焼き方は?肉汁を出る裏ワザも

目安時間 9分

    ハンバーグは、肉のジューシーさと食べ応えが魅力の一品ですが、その中でも「ハンバーグに氷を入れて焼く」という方法がふっくらとしてジューシーに焼けるとハナタカやヒルナンデスなどで紹介されています。

     

    ハンバーグを焼く時に氷を使用することで、焼き上がりの肉汁を逃さずに閉じ込める効果があるとされています。

     

    しかし、具体的な理由や氷を入れるタイミング、焼き方についてはあまり知られていないかもしれません。

     

    ここでは、ハンバーグに氷を入れるメリットや具体的な使い方、さらには肉汁を引き出す裏ワザまで詳しく解説します。

     

     

    目次

    ハンバーグに氷を入れる理由は何?

    ハンバーグに氷を入れる理由には、主に2つの効果があります。

     

    まず一つ目は、氷が加熱される過程で溶け出すことによって水分を供給し、ハンバーグの中の肉がしっとりと仕上がることです。

     

    氷はゆっくりと溶けるため、じっくりと火を通すことができ、外側が焦げ付く前に内部が加熱されることが特徴です。

     

     

    二つ目の効果は、氷が溶ける過程で周囲を冷やすことによって肉の緊張をほぐし、縮まないようにすることです。

     

    焼く過程で肉が収縮すると肉汁が押し出されてしまうため、氷を使うことで肉の収縮を抑え、ジューシーな食感を保つことができるのです。

     

     

    ハンバーグに氷はいつ入れると良い?焼き方は?

    ハンバーグの上に氷を直接のせて焼く方法をご紹介します。

     

    以下の手順になります。

     

     

    ハンバーグの形成と焼き色付け

     

    まず、ハンバーグの形成を行います。

     

    挽肉や調味料を混ぜた後、手のひらで丸く整形してください。

     

    フライパンを中火で熱し、適量の油を敷きます。

     

    ハンバーグをフライパンに並べ、片面にしっかりと焼き色をつけます。

     

    焼き色がついたら、ハンバーグをひっくり返し、もう一方の面にも焼き色をつけます。

     

     

    氷をハンバーグの上にのせる

     

    焼き色がついたハンバーグの上に氷を直接のせます。

     

    氷はハンバーグの上に均等に広がるように配置しましょう。

     

    氷が溶けることで、周囲を冷やし、ハンバーグの焼き過ぎを防ぎながらジューシーさを保ちます。

     

     

     

    フタをして焼き上げる

     

    氷をのせたハンバーグにフタをして、中火から弱火に切り替えます。

     

    フタをして焼くことで、ハンバーグの中までじっくり加熱され、肉汁が閉じ込められます。

     

    約5分程度蒸し焼きにし、ハンバーグがしっかりと火を通すまで焼きます。

     

     

    氷が完全に溶けたら

     

    フタを取り除き、中火に戻してハンバーグをさらに焼き上げます。

     

    この焼き方によって、ハンバーグの表面に薄いカリッとした焼き目がつき、中はジューシーで柔らかな仕上がりになります。

     

     

    火を止めて余熱で火を通す

     

    ハンバーグが焼き上がったら、フライパンから取り出して火を止めます。

     

    余熱で中までしっかりと火を通します。このステップによって、ハンバーグの中に閉じ込められた肉汁が均等に分布し、よりジューシーな仕上がりになります

     

     

    以上がハンバーグに氷をのせて焼く方法の手順です。

     

     

    氷を直接ハンバーグの上にのせることで、肉に火が通りながらもジューシーさを保つ効果があります。

     

    適切な焼き時間と火加減を守りながら、氷を使った焼き方を試してみてください。おいしいハンバーグの完成を楽しんでください!

     

     

     

    ハンバーグの肉汁を出る裏ワザは?

     

     

    ハンバーグの肉に塩を加えた氷を混ぜることで肉の旨味を引き出す効果やジューシーさをアップします。

     

     

    牛脂

     

    牛脂を入れることでハンバーグの肉に潤いとコクを与えます。

     

     

    ゼラチン

     

    ゼラチンを入れることで肉のジューシーさととろみをプラスします。

     

     

    コンソメの氷

     

    コンソメを入れた氷をハンバーグにのせて焼くことで旨味をアップさせます。

     

     

     

     

    ハンバーグに氷を入れると生焼けになる?失敗しないの?

    ハンバーグに氷を入れることで生焼けになるのでは?と気になるかと思いますか、適切な焼き方とタイミングを守れば失敗することはありません。

     

    氷を入れるタイミングは、ハンバーグを蒸し焼きにする前に行います。

     

    この段階でハンバーグの中はほぼ加熱されており、生焼けになる心配はありません。

     

    また、適切な火加減や時間を守って焼けば、中までしっかりと火が通り、安全に食べることができます。

     

     

    焼き方については、フライパンの温度や焼き時間に注意することが重要です。

     

    最初は強火で焼き色をつけ、その後は中火から弱火に切り替えて蒸し焼きにします。

     

    適切な火加減で焼けば、ハンバーグの中はしっとりとジューシーに仕上がります。

     

     

     

    まとめ

    ハンバーグに氷を入れて焼く方法は、肉汁を逃さずジューシーな仕上がりを実現するための効果的なテクニックです。

     

    氷を入れることで肉がしっとりと仕上がり、収縮を抑えることができます。

     

     

    また、氷を使った裏ワザとして塩、牛脂、ゼラチン、コンソメの氷を紹介しました。

     

    これらの調味料や材料を凝縮させた氷を使用することで、ハンバーグの風味やジューシーさを引き出すことができます。

     

     

    失敗しないためには、適切な焼き方とタイミングを守ることが重要です。

     

    氷をハンバーグに加えるタイミングは蒸し焼きの前であり、十分に加熱された状態で行います。

     

    また、適切な火加減と時間を守りながらじっくり焼けば、生焼けの心配はありません。

     

     

    ハンバーグに氷を入れることで、肉汁を逃さずジューシーな食感を楽しむことができます。

     

    また、裏ワザとして塩、牛脂、ゼラチン、コンソメの氷を試してみると、より深い風味と味わいを追加することができます。

     

    ぜひ、これらのテクニックを活用して自宅で美味しいハンバーグを作ってみてください。

     

     

         食材   0

      コメントフォーム

      名前  (必須)

      メールアドレス (公開されません) (必須)

      URL (空白でもOKです)

      コメント

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: