公園・施設

イイナパーク川口の利用時間や駐車場・子供に人気のふわふわドームや施設を紹介

目安時間 7分

    本日の犬の散歩コースは、川口市赤山にあるイイナパーク川口(赤山歴史自然公園)に寄るコースです。

     

    イイナパーク川口は川口市が管理する公園です。

     

    正式なオープンは2022年とのことで、所々工事中ではありますが、現在もその一部が利用できるようになっています。

     

    今でもそれなりに広いのですが、完成後の総敷地面積は約8.9haということです。

     

    我が家からは若干距離はありますが、今日は犬の歩みは順調だし、天気もいいしで、寄ることにしました。

     

     

     

    イイナパーク川口の利用時間や駐車場

    イイナパーク川口の利用時間は、午前9時から午後5時まです。

     

    駐車場は、西新井宿交差点を東京方面に進むと2ヶ所あります。

     

    電車の場合は、SR新井宿駅2番出口より徒歩で約15分ほどです。

     

    また、コミュニティバス(みんななかまバス)が1日7便、戸塚・安行循環していて、(門下町)下車で徒歩で約8分ほどです。

     

     

     

    イイナパーク川口の施設を紹介します!

     

    イイナパーク川口の入口(北門)です。

     

    向かって左手、塀の向こう側に駐輪場があります。

     

    公園で遊んでいる子供たちは、ここに自転車を停めているようです。

     

    この入口からは、自動車は入れません。

     

    駐車場は公園周辺に何か所かあります。

     

    右手に見えるのは、公園管理事務所です。

    手前にはシェアサイクルが置いてありますね。

    私は使ったことはありませんが、「HELLO CYCLING」と書いてあります。

     

     

     

    江戸時代、寛永年間にこの赤山の地を治めていたお代官様、伊奈半十郎浩公(文禄元年1592年~承応2年1653年)の銅像です。

     

    イイナパーク川口の「イイナ」はこの方の名前から拝借したみたいですね。

     

    「良いな」の「いいな」と掛け合わせたわけですねぇ。

     

    公園の近くにはお城の跡地もありますよ(赤山城跡)。

     

    伊奈半十郎浩公は、この地を拠点に、見沼溜井の造成や利根川と荒川の大規模な河川改修事業を実施し、
    水害を防止するとともに、新田開発に力を注いだ方だそうです。

     

    この事業により、広大な荒野は実り豊かな穀倉地帯へと変貌し、今にいたるということですので、
    いわゆる郷土の偉人ですね。

     

     

     

    緑の芝生が植えられた、広場です。

     

    流石にノーリードというわけにはいきませんが、犬を散歩させるにはもってこいの場所です。

     

    私の他にも犬を遊ばせている方の姿が見受けられました。

     

    親子連れて訪れる方々もおおく、キャッチボールやバドミントンをしている姿も休日にはよく見かけます。

     

    また、ベンチが複数ありますので、お散歩途中にひとやすみすることもできます。

     

    左手に見えるのは、川口市立文化財センター分館 歴史自然資料館です。

     

    右手の工事中の建物は、現在建設中のハイウェイオアシスですね。

     

    確か、この首都高初のハイウェイオアシスは、イイナパークとつながる施設になるはずです。

     

     

     

     

     

    現在のところ、イイナパーク川口で唯一使える遊具は、この「ふわふわドーム」です。

     

    エアートランポリンですね。

     

    子供たちから絶大な人気で、休日ともなると、みんなぴょんぴょん飛び跳ねています。

     

    たまに点検で利用できない時があるのですが、前に一度、それを知らずに来てしまった親子連れを見たことがあります。

     

    入口から一気にふわふわドームのところにかけて行って、使えないと分かった時の、あの少年の落胆ぶり。
    ほんとに気の毒でした・・・。

     

    ちなみに、ふわふわドームは3歳児~小学生限定の遊具ですので、それ以外の方々は、周りで見守りましょう。

     

     

     

     

     

    公園東側駐車場から一番近い入口です。

     

    私はこちらの入口を利用することが多いですね。

     

    いかにも工事中らしく、フェンスで仕切られ、シートがかかっている細い道で、すれ違うのでやっとぐらいですが、
    ここから道順に歩いていけば、無事、イイナパーク川口内に入っていけますので、安心してください。

     

    工事期間中、一部の駐車場が閉鎖されています。

     

     

    イイナパーク川口は川口市赤山にある、川口市が管理する公園です。

     

    2022年に正式オープンの予定で、現在はその一部が一般に公開されています。

     

    芝生の広場、歴史自然資料館、貸出施設・地域物産館、子供用遊具・ふわふわドーム、シェアサイクルがあります。
    駐車場、お手洗い、自動販売機は完備されています。

     

    平日は近所の人々の散歩や憩いの場所として、休日はちょっと遠方の方々が親子連れで楽しむ場所として利用されているようです。

     

     

     

      コメントフォーム

      名前  (必須)

      メールアドレス (公開されません) (必須)

      URL (空白でもOKです)

      コメント

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      トラックバックURL: