どこまでも続く青空、
爽やかな風を浴びて荒川河川敷を走る。